株式会社IYO(いよ)建築設計

ブログ

2017年01月の投稿

天然素材~珪藻土~

2017年1月28日  iyo-kentiku  IYOの日常 

こんにちは。

いつもブログをご覧くださいましてありがとうございます。

IYO建築設計では自然素材で人と環境に優しい家づくりを目指しております。

数回に分けて、自然素材とはどんなものがあるのかをご紹介していきたい思います。

本日は、塗り壁などに使用される珪藻土についてお話します。

珪藻土とは、その名の通り、海底や川底に積もった土のことです。

軽量で断熱性、耐熱性、吸放湿性に優れた天然素材で、揮発性塗料や臭いを吸着する材料としても着目されています。

珪藻土には無数の孔があり、湿気の多い日は湿気を吸い、乾燥している時は吐き出すため、結露の解消や湿気によるカビの発生を防ぐのに効果的です。

科学物質が含まれていないので、赤ちゃんやご年配の方も健康に安心してして暮らすことがきます。

自然素材ならではの優し風合いを感じながら生活できるのも素敵(*´▽`*)

施工に時間や手間がかかる、価格が少し高いなどのデメリットもございますが、お好みの自然素材を上手に選んで活用することで、

快適な家作りができそうですね(^^♪

 

エジョーズ~経済編~

2017年1月24日  iyo-kentiku  IYOの日常 

こんにちは。

いつもブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。

本日も前回に引き続きエコジョーズのお話をさせていただきます。

先日、エコジョーズにすると従来のものより熱効率がいいというお話をさせていただきました。

より少ないガスの量で従来と同じ温度のお湯が沸かせるので非常に燃費がよく無駄のないしくみです。

ガスの使用量が減るといいうことは、もちろん月々のガス代も減ります。

年間でいうと、約12~13%のガス代が減ることになり、使用頻度にもよりますが、年間で約13,000円もお得になります。

器具自体の費用は従来品より高くなりますが、長い目でみてもとてもお得です。

エコジョーズにすると環境だけでなく、家計にも優しい生活ができるのですね(*´▽`*)

 

大統領

2017年1月23日  iyo-kentiku  IYOの日常 

2017年1月20日(日本時間21日)、
とうとうドナルド・トランプ氏が
第45代アメリカ大統領に就任されましたね。
週末のニュースは、この話題ばかりでしたので、
「大統領」という言葉をたくさん耳にしました。

ところで、「大統領」という言葉の語源をご存知でしょうか。

じつは、大工のかしらの「棟梁」からきているそうなんです。

1853年、ペリーが浦賀に来航しますが、
この時フィルモア大統領の親書を携えており、
幕府の役人たちは「President」をどう訳すかで悩まれたそうです。
大統領は選挙で民間から選ばれた国のトップの人ですので、
国王や将軍などとはちがい、
当時、日本にはそれに当てはまる役職も言葉もありませんでした。

そこで、民間の中で誰が偉いのかとなり、
沢山候補が上がる中、選ばれたのが「棟梁」だったそうです。
そして、「統領」(統(す)べおさめること。)に漢字を置き換え、
日本の将軍との釣り合いをとるため、「大」を付けることによって、
「大統領」という言葉が生まれたとのことでした。


家を一軒建てる棟梁はとても尊敬される職業だったんですね。
なんだかうれしくなる話です。

エコジョーズ~環境編~

2017年1月19日  iyo-kentiku  IYOの日常 

こんにちは。

いつもブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。

本日はエコジョーズと環境についてのお話させていただきます。

エコジョーズを使用すると、従来の給湯器では80%だった熱効率が95%に上がるため、二酸化炭素の排出量も減ります。

1年間エコジョーズを使用すると、50年スギを1年間に13本植えるのと同じ効果が期待できます。

二酸化炭素の削減は、地気球温暖化防止につながりますので、とってもエコです(*^▽^*)

特別なことをしているわけではなくても、日々の暮らしが環境に優しい生活となります。

環境を考える上でも効果的なエコジョーズ、給湯器のお取替えやご新居をお考えの際はぜひ併せてご検討してみてくださいませ(^^)

 

 

エコジョーズ~構造編~

2017年1月16日  iyo-kentiku  IYOの日常 

いつもブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。

本日はエコジョーズについてお話したいと思います。

エコジョーズと聞くと、地球に優しいイメージや、なんとなくお得な印象を持たれるのではないでしょうか。

今回はエコジョーズの構造についてお話します。

従来のガス給湯湯暖房機は、燃焼させたガスの熱で一次熱交換器内を通過する水を温水に変える仕組みです。

一方、エコジョーズは、従来は捨てていた燃焼後の排気を活用するため、少ないエネルギーで同等のお湯を作ります。

具体的には、燃焼後の排気は二次熱交換器へ送られ水を予備加熱し、あらかじめ温められた水が一次熱交換器へ送られるため、同じ温度のお湯を作るために使用するガスの量が減ります。

また、エコジョーズでは、排気ガス中の水蒸気を水に戻す際に出る熱を回収し利用するので、エネルギーを効率よく利用することができます。

給湯高率率でいうと95%と高く、熱を無駄なく利用できるのでとってもエコなしくみです(^^♪

ガス給湯暖房機は長く使用するものですので、環境にもお財布にも優しい商品を選びたいですね(^^)

 

 

 

 

 

 

松尾大社

2017年1月14日  iyo-kentiku  IYOの日常 

今日は朝から雪がたくさん降って、ひときわ寒いですね。
そんな中、午後は町内の行事で松尾大社に参拝に伺いました。

20170114-1

(今年の絵馬が飾られてました。写真を拡大していただくと雪が降っております)

御祈祷をしていただいた後、
宮司さんにしていただいた話が
とても面白かったです。

松尾大社を創建されたのは
先日もお伝えした秦一族だそうですが、
この秦一族は下上賀茂神社の賀茂氏とかかわりが深く、
親せき関係?になるそうで、
松尾大社の神紋が上賀茂神社、下鴨神社と同じ
ふたば葵になっているのはそのためなんですね。
葵祭ともかかわりがあるようです。

20170114-3

(頂いたお茶菓子の袋の図柄も葵の絵になっています。)

神話の中でも
秦氏と加茂氏の祭神において、親戚関係にあるようで、
 下鴨神社の祭神
 玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)が
賀茂川で遊んでいたところ、
上流から丹塗矢が流れてきて、
それを持ち帰ったら、その日に懐妊、
上賀茂神社の祭神
賀茂別雷命を
翌日出産!!!!???
されたそうです。
賀茂別雷命のお父さんは
松尾大社の祭神
 大山咋神(オオヤマクイノカミ)
だとされているそうです。
(神様の名前等、このへんはうろ覚えだったので、ネットで少し調べて補足してます。)

それから、現在、楼門が修繕工事で養生された状態だったのですが、、
この工事は本来30年ほどで行うそうなんですが、
50年ぶりの改修になったそうで、
これは、京都が、神社仏閣がたくさんあるため、
予算の都合上、やっと回ってきたそうです。

楼門につけられた足場は、
通常の弊社の現場でも使用するような金属の足場ですが、
本殿は重要文化財になっているため、
足場も木製の丸太の足場を使わないといけないという決まりがあり、
足場の組み方も大変独特な組み方をするそうです。

まだまだたくさんのお話をしていただき、
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

20170114-2

(帰りに町内の方より、破魔矢をプレゼントしていただきました!事務所に飾らせていただいております♪)

今年も良い年になりそうです。

西京区

2017年1月11日  iyo-kentiku  IYOの日常 

昨年、山田葉室町にて新築工事をさせていただいたのですが、
ちかくにまるい形の道路があり、なんだろうなとおもっていたら、
古墳の外周の名残とのことで、とても興味深かったです。
地元の方には、当たり前の景色とは思いますが、
地方から来た私には毎日が発見の連続です。

たとえば弊社の前の物集女街道ですが、西京区役所のあたりは、

なぜか東側の歩道が西側の歩道よりもかなり広いのですが
東側の歩道の下は暗渠になっているそうです。

確かに歩道の半分はボックスカルバートになってます。

20170111

先日ご近所の方にこのあたりの歴史についてお聞きする機会があったのですが、
5世紀後半ごろ渡来人の秦氏が桂川の流れをせき止める大きな堰を築き、
これらの大規模な水路をひいて田畑を開拓し発展させたとのことでした。

20170111-3

そういえば、

この辺は

水路が多いです。

 

ちなみに弊社の住所の山田六ノ坪町の「坪」というのは田んぼを表すそうで、
秦氏の大々的な開拓によりこのあたりは沢山の田畑があり、
飛鳥時代から栄えていたそうです。
西京区を車で走っていると「坪」のつく地名をたまに見かけるのですが、
当時、田んぼに番号を付けていた名残のようです。
あ、ちなみに六ノ坪はもともとは十六ノ坪だったそうなんですが、
時代が変わるにつれ十が抜けてしまったそうです。
(記憶の範囲なので、違っているところがあるかもです <(_ _)> )

グループ会社の愛京住宅がある桂乾町(かつらいぬいちょう)の乾(いぬい)の部分他、
桂の地名の艮(うしとら)、巽(たつみ)、坤(ひつじさる)が
春日神社からの方角からきているということも聞きました。
実はこのすべての地名が最初読めませんでした。エヘヘ (^^ゞ


京都に住み始めて2年が経つのですが、
なにげなく過す中でも歴史を感じることが多く、
やっぱり京都だなあと思って楽しんでいます(*^▽^*)

カラーコーディネートのお話~アクセントカラー~

2017年1月7日  iyo-kentiku  お知らせ 

こんにちは。

ブログをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。

昨年から、お部屋のカラーコーディネートのお話をさせていただいておりました。

先日は、床や壁など、お部屋の大部分を占める『ベースカラー』、ソファやカーテンなど、お部屋の中心となる家具のカラーである『メインカラー』をご紹介しました。

この2つに加えて、インテリアカラーを構成する色に『アクセントカラー』がございます。お部屋全体に占める割り合いは約5%と僅かですが、お部屋のポイントとなったり、お部屋を引き締める効果もあり、重要な役割を果たしています。

ベースカラーやベースカラーにに溶け込まない色を選ぶことがポイントになります。

具体的には、クッションやインテリアグリーン、ランプシェードなどの小物の色をさします。

他のカラーと比べると費用もかからないため、季節ごとの模様替えなど気軽にお部屋のイメージを変えることができます。

例えば、ブラウン系のソファのクッションを夏にはブルー系、冬にはオレンジ系の暖色をに変更するだけでも、季節感のあるお部屋となります。

また、観葉植物を使用するとグリーンを簡単にアクセントカラーとして取り入れることができますし、ナチュラルな雰囲気をプラスでき、おすすめです。

皆様のご新居が居心地のよい快適な空間になるためのお手伝いができればと考えております。

家のことはお気軽にIYO建築設計にご相談くださいませ(*^^*)

 

あけましておめでとうございます。

2017年1月5日  iyo-kentiku  IYOの日常 

あけましておめでとうございます。

IYO建築設計は、本日1月5日より営業いたしております。

2017年もより多くのお客様に喜んでいただけるような家づくりを目指していきたいと思っております。

ブログでは本年も、新商品のご案内や家づくりに関するお話、現場のお話などを日々綴っていきます。

ご新居をご検討されるなかでのちょっとしたヒントになれば嬉しいです(*^^*)

家づくりに関するご質問等がございましたら、IYO建築設計にお気軽にお問合せ下さいませ。

本年もよろしくお願いいたします。

20160105